3か月でイラストが上達する方法を試してみる

イラスト練習・上達
この記事は約4分で読めます。

このイラスト練習法、『劇薬』らしい。

どうも、京時ロメです。

普段からちょいちょい色んなイラストレーターの方々が発信する情報に目を通すようにしているのですが、今回個人的にやってみようと思った練習法があったのでご紹介します。

広告

3か月でイラストが上達する方法があるらしい

早速ですがこちらが件の練習法を解説されてるさいとうなおき先生の動画です。
「完全版」とか「最速上達」とか「3か月」とかいうワードにホイホイ釣られちゃいました。

【完全版】イラスト最速上達法

さいとうなおき先生のチャンネルは描き方とか考え方とか、イラストを描く人なら知っておきたいノウハウが詰まってるのでおススメです。

あと僕が紹介したい動画はもう一つありまして。
さいとうなおき先生が解説された方法、実は初耳じゃなかったんですよね。
というのも、こちらの高原さと先生の動画をご覧いただきたいです。

確実に絵が上手くなる方法【独学でプロに】How to improve drawing skills with self-study【Eng Sub】

高原さと先生はブログもされているので、そちらで絵がうまくなる方法を読むのもOKです。

皆さん視聴されましたか?
どちらの練習法もキモとなる部分は同じだというのが分かるかと思います。
この事実は個人的に重要で、二人の神絵師が同じ方法を紹介されたことによって「この方法は確実に上達できる方法だ」と確信しました。

お二方とも「この方法は劇薬」「ストイックな人向け」だと紹介されてますが、ちょうど練習法で迷っていたというのと、自分がどこまで続けられるか試したいという理由で実践することに。

△ 目次へ戻る

広告

要はPDCAサイクルをぶん回す

動画を見られた方はもう理解されているかと思いますが、ここで簡単にお二人の練習法をまとめてみました。
共通してるのはPDCAサイクルをぶん回してるってことです。

さいとうなおき先生の場合

  1. 目標の絵柄を一つ決める(Plan)
  2. 目標に近づけたオリジナル作品を制作(Do)
  3. 目標と自分の作品を比較、改善点を洗い出す(Check)
  4. 改善点を1つに絞って練習・考察(Action・Plan)
  5. 2に戻り以後満足するまでループ

こちらの方法はズバリ「特定の絵柄に近づく」ための練習法です。
自分の中で「この人みたいな絵を描きたい!」というのがある方にオススメ。

高原さと先生の場合

  1. 目標の絵を決める(複数枚でもOK)
  2. 目標に近づけたオリジナル作品を制作
  3. 目標と自分の作品を比較、改善点を洗い出す
  4. 1に戻り改善点を踏まえて課題の絵を設定

こちらの方法は「目標に必要なノウハウを取り込む」ための練習法だと解釈しています。

「なんかぼんやりしてんな」という声が聞こえた気がするので補足を。
つまり、「誰かの絵柄を身に付ける」というよりも「自分の課題を解決する」ことを重視した練習法だと思うんです。

さいとうなおき先生の方法では目標の絵柄を決めてそれに近づくための練習をするのに対して、高原さと先生の方法はループのたびに目標の絵を設定し、課題を克服するために練習をします。

あくまで僕の解釈に過ぎないので自分にあった方法を各々で選んでください…

△ 目次へ戻る

モチベが続く限りやってみる

この記事を書き終えたら早速目標の絵柄を決めて実践に移るつもりです。
誰の絵柄を目標にしたかはご想像にお任せします。

どのくらい続けるかは正直考えてません。
三日坊主で終わった時は、その程度のイラスト趣味だったってことで()

気が向いたときに成長記録じゃないですけど、そんな感じの報告をしていきたいですね。
圧倒的成長を遂げるか、成長しないまま終わるか。皆さんの目で見届けていただければと思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。

こちらその後の報告記事です。

【3か月上達法】5か月が経とうとしているので報告します【効果と課題】

目標設定のコツみたいなのを記事にしました。
誰を目標にするか決められないでいる人はぜひ。

イラストの目標設定するコツとか基準とか【練習の軸に】