パソコンなしで使えるおすすめ液タブを紹介!【むしろ液タブが不要かも】

ペンタブ・PC

スマホでイラスト描いてきたけど、やっぱり液タブ欲しいな……でもパソコンまで買う余裕がないし……

いつかは液タブでイラストを描きたいと思うけど、パソコンも必要なせいで足踏み状態になっている人は少なくないのではないでしょうか。

こんにちは、京時ロメ(@kyotoki_OX)です。

普段から液タブのCintiq16 FHDを使ってイラスト制作をしています。

今回はパソコン不要な液タブや、タブレット・2 in1 PCといった液タブが不要なデバイスを紹介していきます。

  1. OS搭載の液タブ・タブレットPC(2 in 1 PC)
  2. パソコン以外にも接続できる液タブ
  3. iPad

の3種類から厳選して価格帯別でまとめました。

予算や用途に合わせて液タブを選びましょう。

広告

お絵かき用液タブ・デバイスの選び方

どの機器が自分に合っているか迷った時のために、選ぶ基準を4つ挙げておくと、

  1. 値段
  2. 大きさ
  3. イラストの描き込み量
  4. イラスト制作以外の用途

かなと思っています。

値段

言うまでもないですが、お金をいくらまで使えるかはしっかり把握しておきましょう。

払える範囲内から選ぶか、貯金して高性能の機器を狙うか。

そのあたりは今すぐに欲しいかどうかで決めましょう。

大きさ

よく「大きければ大きいほど良い」みたいな考え方がありますが、何も考えずに大きいサイズにしてしまうと後悔するかも。

必ず選ぶ前に置けるスペースがどのくらいあるか確認しておきましょう

ロメ
ロメ

特に液タブは携帯性が悪いので、選ぶ時は慎重に!

イラストの描き込み量

これは必要なスペックに関わってきます。

いらす◯やみたいな、ゆるふわ?系のイラストなら特別高性能でなくても問題なく描けるはずです。

一方で背景もしっかり描いた一枚絵のように描き込みの量が多い人ほど、スペックの高い、10万円を超えるような機器が必要になってきます。

自分がどんな絵をメインに描いていきたいかを考えておきましょう。

イラスト制作以外の用途

イラスト制作以外で何を機器に求めるか、ですね。

イラスト制作に特化したものが欲しいなら液タブになりますが、動画視聴やWebサイト閲覧、ゲームもしたいならタブレットか2 in 1 PCを選ぶと良いでしょう。

ロメ
ロメ

後者は絵を描かなくなっても腐りにくいのが大きな強みです

△ 目次へ戻る

広告

安い値段で買えるデバイス・パソコン不要液タブ(約4~5万円)

ここでは液タブ2台と2 in1 PC1台を紹介しています。

液タブについてはパソコン不要としていますが、どれも一部のOTG対応のAndroid端末でしか使用できません。

詳しくは各製品の詳細をご覧ください。

HUION Kamvas16(2021)

主な特徴
  • PC・一部のAndroid端末に対応(アダプタ付属)
  • ショートカットキー10個搭載
  • フルラミネーションなので視差が少ない
  • タッチパネルなし
  • スタンドは別売り

視差が少ない上、筆圧検知レベルが8192段階、色域のカバー率も高く、4万円台で買える液タブとは思えないほどの高スペックを誇っています。

数字だけ見ればWacom One 13どころかCintiq 16と同等以上の性能です。

Androidのスマホに接続して使用できますが、対応機種が限られるので購入の際は事前に確認しておきましょう。

>>公式サイトで詳細を見る

Wacom One 13 + 変換アダプタ

主な特徴
  • ワコムブランド最安の液タブ
  • PC・一部のAndoroid端末に対応(別売のアダプタ必須
  • 文房具メーカーのデジタルペンが使える
  • サイズがコンパクト
  • タッチパネルなし

ワコム製液タブでは最も安い製品で、セール時には単体の値段が4万円を切ることも。

液晶サイズは13.3インチと控えめですが、これはこれで狭いスペースでも使えるという強みがあります。

一部のAndroidスマホに接続して使用できますので、事前に自分のスマホが対応しているか確認しましょう。

注意点ですが、スマホに接続するための変換アダプタは別売りになるので、そちらも忘れずに購入しましょう。

>>変換アダプタセット(ワコムストア限定)

>>公式サイトで詳細を見る

HP Chromebook x360 12b + スタイラスペン

主な特徴
  • 2 in 1 PCなのでノートPCとしてもタブレットとしても使える
  • 4096段階の筆圧検知が可能なUSI方式のスタイラスペンと組み合わせてお絵描き
  • 描き心地は液タブに劣るが単体で様々な用途に使用可能
  • OSがWindowsではないのが欠点になることも

こちらは液タブではなくPCなので、単体で使用可能です。

タッチパネルの画面に別売りのスタイラスペンを走らせてイラストを描きます。

イラスト制作だけでなく、PCを初めて使う人向けの入門機としておすすめです。

>>公式サイトで詳細を見る

△ 目次へ戻る

性能◎のデバイス・パソコン不要液タブ(10万円以上)

こちらではタブレット(iPad)と2 in 1 PC2台、OS搭載の液タブ1台を紹介しています。

高額ですが、その分性能も高水準で本格的なイラスト制作にも対応可能です。

iPad Pro + Apple Pencil(第2世代)

主な特徴
  • Apple Pencilが優秀で描き心地が良い
  • 高解像度・広色域
  • 持ち運びが簡単
  • サイズは最大でも12.9インチまで

iPadは本体が軽く、持ち運びが楽な点が強みです。

それでいて液タブに迫るレベルの描き心地を実現しており、iPadでイラストを描く人はどんどん増加中。

購入する際は、第2世代のApple Pencilに対応しているiPadをおすすめします。

>>公式サイトで詳細を見る

Surface Pro 7 + Surfaceペン

主な特徴
  • 2 in 1 PCなのでノートPCとしてもタブレットとしても使える
  • 縦にも広い高解像度ディスプレイが快適
  • Windows10搭載で買い切りのクリスタが使える
  • 持ち運びが簡単
  • Surfaceペンは単6乾電池が必要

持ち運びが楽で、Windows10が入ってて、液タブみたいにお絵描きができるPC。

買い切りのクリスタを使えるのがかなり良いです。

Surfaceペンを使うのに単6の乾電池が必要な点だけは注意しましょう。

>>公式サイトで詳細を見る

HP ENVY x360 15(インテル)

主な特徴
  • 2 in 1 PCなのでノートPCとしてもタブレットとしても使える
  • Windows10搭載で買い切りのクリスタが使える
  • インテルモデルはペンが付属(4096段階の筆圧検知対応)
  • 持ち運ぶには少し重い

価格に対して高性能なコスパ◎のPC。

インテルモデルだとペンも付属しているので、ペイントソフトを入れればすぐにお絵描きができます。

性能面では値段以上ですが、重量は2kgと持ち歩くには少々重めです。

>>公式サイトで詳細を見る

Wacom Mobile Studio Pro

主な特徴
  • イラスト特化で描き味はバツグン
  • Windows10搭載で買い切りのクリスタが使える
  • エクスプレスキー8個&タッチホイール搭載
  • 持ち運ぶには少し重い

こちらは迷ったのですが、参考にと思って紹介することにします。

OSが搭載されている液タブというより、液タブの用途に特化したPCと言うべきか。

液タブとしては抜群に使いやすい分、PCとして使うとなるとSurfaceなどの競合に軍配が上がります。

とにかく値段が高いので、既にクリエイターとして働いている人向けの製品です。

>>公式サイトで詳細を見る

△ 目次へ戻る

番外編: パソコン不要な板タブ

おまけとして、パソコンが不要な板タブも3つほど紹介します。

こちらについても一部のAndroid端末にしか対応していないので注意してください。

ロメ
ロメ

今後対応するAndroid端末が増えていっても、iPhoneが対応する可能性は低いと思われます…

RAYWOOD 筆や写楽 ペンタブレット KUMADORI

主な特徴
  • 一部のAndroid端末に対応(アダプタ付属)
  • スタイラスペンが軽量
  • ショートカットキーが豊富(エクスプレスキー12個とソフトキー16個)
  • 値段以上の性能でコスパ◎

>>公式サイトで詳細を見る

XP-Pen DECO01V2

主な特徴
  • 一部のAndroid端末に対応(アダプタ付属)
  • 保護フィルム付き
  • Chrome OS 88.0以上にも対応
  • 8個のエクスプレスキー搭載

>>公式サイトで詳細を見る

HUION HS610

主な特徴
  • 一部のAndroid端末に対応(アダプタ付属)
  • ショートカットキー12個とファンクションキー16個を搭載

>>公式サイトで詳細を見る

△ 目次へ戻る

まとめ

今回おすすめした製品のまとめです。

予算・作業スペース・性能・用途などを考慮した上で、自分に合った製品を選びましょう。