クリスタが快適に動くPCの推奨スペックを考える グラボの必要性も解説

クリスタの購入前知識
この記事は約9分で読めます。

クリスタ公式の推奨スペック見たけど、実際はどのくらいの性能があれば大丈夫なんだろう?

性能は高いほど良いというのは当然なのですが、余計な出費はできるだけ抑えたいですよね。

そこで今回はCLIP STUDIO PAINTをマトモに使うために必要なPCのスペックを解説します。

具体的には「初心者~アマチュアの人がSNSなどへの投稿用としてイラスト制作」するケースを想定したものとなります。

クリスタを快適に使えるCPU・メモリの性能、グラボの必要性などが気になる方は必見です。

また、公式サイトの推奨スペックでは別のソフトと同時使用しても問題なく使えるか疑問ですので、そのあたりは僕のPCでの使用感も交えながら考えていきます。

パソコン選びをする際の判断材料の一つとして参考にしていただければ幸いです。

広告

公式の必要・推奨スペック

まずはクリスタの公式サイトに掲載されている動作環境をおさらいしてみます。

CPUとGPUは聞き慣れない単語がありますが、よほど古いものでない限り大丈夫です。

OSWindows8.1, 10(64bit)
macOS10.13, 10.14, 10.15, 11
CPUSSE2に対応したCPU
メモリ2GB以上のメモリ必須、8GB以上推奨
GPUOpenGL2.1対応のGPU
ストレージ
(インストール用)
3GB以上の空きストレージ
モニターXGA(1024×768)以上必須、WXGA(1280×768)以上推奨
ハイカラー(16Bit、65536色)以上必須

参照: 動作環境|CLIP STUDIO PAINT

△ 目次へ戻る

PCのスペック確認方法

PCのスペックを確認する方法です。

公式の必要スペックを満たしているか調べてみましょう。

【Windows10での確認方法】

設定→システム→バージョン情報

スペックの確認方法(Windows10)

【macOSでの確認方法】

アップルメニュー(画面左上のリンゴ)→このMacについて

クリスタがちゃんと動くか不安な人は、クリスタの無料お試しを利用して使用感を確かめるのが確実でおすすめです。

△ 目次へ戻る

筆者のクリスタ使用環境

マイパソコン
4GBだったメモリを8GBに増設して使用

参考までに僕が使用しているノートPCでの使用感を紹介します。

後々紹介するクリスタの推奨スペックは、基本的にこのPCとデスクトップPC2つでの使用感を元に考察しています。

デスクトップPCでのクリスタの使用感について気になる方は、こちらの自作PC改造・性能比較記事もどうぞ。

▶スペック

OSWindows10 home 64bit
CPUIntel Core i5-5200U
メモリ8GB
グラフィックボードなし(内蔵)
ストレージHDD 500GB
i5だけど2コア4スレッドの控えめ性能

▶クリスタの使用感

基本的にYou Tubeで動画や配信を流しっぱなしにしながらイラスト制作することが多いのですが、制作の途中までなら特にストレスなく作業が可能です。

しかし終盤に関してはメモリ不足が深刻になり、You Tube、最悪Webブラウザを閉じざるを得なくなります。

僕の場合はキャンバスサイズ2894 × 4093pxで描くことが多いのですが、レイヤー数が50枚近くになってくると一つ一つの動作がかなり重くなり、そのままクリスタが落ちてしまうことも。

3D素材に関しても操作がカクカクで使う気が起きないレベルです。

ロメ
ロメ

Photoshopみたいなソフトだとなおさら重くて厳しい

また、ストレージがHDDであるためクリスタの起動やclipファイルの読み込み・書き込みに時間が掛かるのも不便に感じます。

△ 目次へ戻る

パーツごとの推奨スペック

▶CPU

CPUの性能にはクロックやコア数、キャッシュメモリなど様々な指標がありますが、ここでは分かりやすい指標としてコア・スレッド数に注目します。

この数字が大きいほど処理能力が上がると考えて構いません。

これからPCを買うなら、最低でも4コア・8スレッド以上のCPUが搭載されたものを選びたいところ。

今後何年も使うことを考えると、処理の速さやマルチタスクの快適さといった面で最低でもこのくらいは欲しいです。

また、僕自身が2コア4スレッドのCPUに不満があったことや、タブレットのCPUですら6コア6スレッド・8コア8スレッドある中で8スレッド未満のCPUというのがPCとして微妙である点も理由に挙げられます。

デスクトップPCなら第3世代以降の Ryzen 3以上(例 Ryzen 3 3100)、第10世代以降のCore i3(例 Core i3-10100)以上がおすすめです。
一方、ノートPCの場合はデスクトップのCPUと比べて性能が抑えられているため、同世代のRyzen 5以上、Core i5以上を検討しましょう。
これらの基準を満たしていればWebブラウザとクリスタを同時に使うには十分な性能が確保できるはずです。

ロメ
ロメ

逆にクリスタだけ起動させて使うなら、Core iシリーズの下位互換にあたるPentiumレベルでも大丈夫とも言えます。

さらに下位シリーズのCeleronもありますが、「ストレスなく」というのはさすがに厳しいです。

昔のCore i7ってどうなの?

4コア8スレッドのCPUという条件だけなら第2世代や第3世代のCore i7でもOKということになりますが、できるだけ安く抑えたい場合以外はおすすめしません。
現在のCPUは大きく性能を伸ばしており、第10世代のi3は第7世代のi7に匹敵すると言われるほどです。
i7という文字だけ見ると優秀そうですが、やはり時代の流れには勝てません。
また、メモリなどの周辺パーツも規格が古いものになるため、期待してたほどの性能が出ない可能性があります。
「Core i7搭載」としか表記されていない商品も中にはあるので、選ぶ際は第何世代なのかまでしっかりチェックするようにしましょう。


▶メモリ

自作する場合や増設する場合はクロックや規格など色々見るところがありますが、PCを買う場合は店が選んでくれるため容量に気を配っておけば大丈夫です。

メモリ不足で重くならないことがとにかく重要なので、できるだけ容量の大きいものを選びましょう。

16GBあると余裕が出てくるので特におすすめです。

8GBでもある程度のタスクはこなせるので、できるだけ予算を抑えたい場合は検討しましょう。

ロメ
ロメ

8GBのメモリなら数千円で増設できるし全然アリです


▶ストレージ(SSD・HDD)

SSDでもHDDでもクリスタは問題なく使えますが、SSDが内蔵されたPCを絶対選ぶべきです。

OSやソフトの起動、ファイルの読み書きの速度が目視で分かるレベルで違います。

左がSSD、右がHDD

「昔のノートPCのHDDをSSDに換装しただけで快適になった」というレビューをあちこちで見かける程ですので、よほどの理由がない限りはSSDが搭載されたPCを選びましょう。

容量に関しては多いほど良いのは当然として、クリスタ以外にゲームやクリエイティブソフトをあまり入れる予定がないのであれば、256GBで当分は足りるかと思います。

将来容量が足りなくなっても、新しく購入して追加すればOKですし。

▶グラフィックボード

クリスタを使うことだけ考えるならCPU内蔵グラフィックで十分なため、優先度は低めです。

ただ、動画を流しながら作業をする際はCPUの負担を軽減してくれるので、付けられるなら付けましょう。
もし買うならクリスタ以外でやりたいこと、例えば3DゲームやCG作成、VRなどが快適にできる性能を選ぶと失敗しづらいです。

△ 目次へ戻る

クリスタの推奨スペックまとめ

ここまでの解説を踏まえて、クリスタを使うのにおすすめなPCのスペックをまとめました。

CPUとメモリに関しては、サイズの大きいイラストを描く人ほど、レイヤーを多く使う人ほど高性能なものが必要になる点は覚えておきましょう。 

CPU4コア8スレッド以上のCPU
デスクトップ: 第3世代以降のRyzen 3以上、第10世代以降のCore i3以上
ノート: 第3世代以降のRyzen 5以上、第10世代以降のCore i5以上
メモリ最低: 8GB 推奨: 16GB
ストレージSSD 256GB以上(容量はPCの用途により変動)
グラフィックボード不要(CPU内蔵で十分)

イラスト向けのモニター選びに悩んでいる方はこちらの記事もどうぞ。

広告

クリスタ推奨スペック以上のおすすめパソコン

クリスタの推奨スペックをクリアしているパソコンを紹介しておきます。

ここで紹介しているマウスコンピュータのパソコンは、無駄なソフトや人件費を削減している分、高性能なクリエイター向けパソコンがお得に購入できるのが魅力です。

パーツのカスタマイズも可能なので、より自分の求める性能に近いパソコンを手に入れることができます。

ここで紹介するものはほんの一部なので、より高性能なパソコンが見たい人は公式サイトを訪ねてみてはいかがでしょうか。

>>マウスコンピュータ公式サイト

mouse X4-R5(ノートPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-x4-r5/
OS Windows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 4600H プロセッサー
メモリ 8GB (8GB×1)
グラフィックAMD Radeon™ グラフィックス
ストレージ SSD 256GB
値段税込87,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る

MousePro-S220S(デスクトップPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmousepro-s220s/
OS Windows 10 Pro 64ビット
CPUインテル® Core™ i5-10400 プロセッサー
メモリ 8GB (8GB×1)
グラフィックインテル® UHD グラフィックス 630
ストレージ SSD 256GB (SATA)
値段税込87,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る

DAIV 5P(ノートPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-5p/
OS Windows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10750H プロセッサー
メモリ 16GB (16GB×1)
グラフィックGeForce® GTX 1650 Ti / インテル® UHD グラフィックス
ストレージ SSD 512GB (NVMe対応)
値段税込153,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る

DAIV Z5-CM(デスクトップPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-z5-cm/
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-10700 プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
グラフィックGeForce® GTX 1650 (GDDR6版)
ストレージ SSD 256GB (NVMe) + HDD 1TB
値段税込153,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る