クリスタが快適に動くPCの推奨スペックを考える グラボの必要性も解説

クリスタの購入前知識
この記事は約6分で読めます。

クリスタ公式の推奨スペック見たけど、実際はどのくらいの性能があれば大丈夫なんだろう?

性能は高いほど良いというのは当然なのですが、余計な出費はできるだけ抑えたいですよね。

そこで今回はCLIP STUDIO PAINTをマトモに使うために必要なPCのスペックを解説します。

CPUやメモリの他、グラボの必要性について気になる方は必見です。

また、公式サイトの推奨スペックでは別のソフトと同時使用しても問題なく使えるか疑問ですので、そのあたりは僕のPCでの使用感を基準に考えていきます。

パソコン選びをする際の判断材料の一つとして参考にしていただければと思います。

広告

公式の必要・推奨スペック

まずはクリスタの公式サイトに掲載されている動作環境をおさらいしてみます。

CPUとGPUは聞き慣れない単語がありますが、よほど古いものでない限り大丈夫です。

OSWindows8.1, 10(64bit)
macOS10.13, 10.14, 10.15, 11
CPUSSE2に対応したCPU
メモリ2GB以上のメモリ必須、8GB以上推奨
GPUOpenGL2.1対応のGPU
ストレージ
(インストール用)
3GB以上の空きストレージ
モニターXGA(1024×768)以上必須、WXGA(1280×768)以上推奨
ハイカラー(16Bit、65536色)以上必須

△ 目次へ戻る

PCのスペック確認方法

自分のPCのスペックを確認する方法です。

公式の必要スペックを満たしているか調べてみましょう。

【Windows10での確認方法】

設定→システム→バージョン情報

スペックの確認方法(Windows10)

【macOSでの確認方法】

アップルメニュー(画面左上のリンゴ)→このMacについて

確認しても不安が残る人は、クリスタの無料お試しを利用して使用感を確かめてみましょう。

ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

△ 目次へ戻る

メモリ8GBのノートPCでクリスタを使うとこんな感じ

マイパソコン
4GBのメモリを増設して8GBにしています

参考までに僕が使用しているノートPCでの使用感も紹介します。

どのくらいのスペックがあるといいのか、イメージしやすくなれば幸いです。

簡単なスペック紹介

  • OSはWindows10
  • CPUはintel Core i5(第5世代)
  • メモリ8GB
  • グラボなし(CPU内蔵)
  • 2015年発売
  • 液タブとモニター1台を接続
  • クリスタのメモリ割り当ては75%に設定

クリスタを使うと……

ほぼ快適に使えていると思っていますが、パソコンの状態や作業中のイラスト、機能によってはパフォーマンス不足を感じることがあります。

今のPCでも我慢できるけど、お金さえあれば今すぐにでも買い替えたい。

  • ブラウザとその他小さいソフトをいくつか開いてても大丈夫
  • Youtubeなどで動画流しながらの作業にも耐える
  • ただしレイヤー数が増える制作終盤や、キャンバスサイズが大きい場合は固まりやすくなる
  • タイムラプスを記録したときは3回ほどクリスタが落ちた
  • 3D素材が重い できれば使いたくない
ロメ
ロメ

Photoshopみたいなソフトになると重くて普段使いが難しいです

△ 目次へ戻る

3D関連を使うならグラボは必須級

3Dデッサン人形

趣味でイラストを描く範囲なら高性能なグラボは不要ですが、3Dのデッサン人形や素材を使うなら強く推奨します。

グラフィック性能が低いと操作がカックカクになって目的のポーズを作るまでに相当なストレスが掛かります。

また十分な性能のグラボがあれば、クリスタに限らずUnityBlenderのような3Dを扱うソフトもまともに動くようになるので、そちらにも興味があるのならなおさらです。

△ 目次へ戻る

クリスタの推奨スペックまとめ

これまでの解説を踏まえて、個人的に推奨したいPCのスペックをまとめました。

CPUとメモリに関しては、イラストのサイズやレイヤーを多く使う人ほど高性能なものが必要になる点は覚えておきましょう。 

OSWindows10(安いPCがある、高性能だとゲームにも向いている)
CPUCore i5以上、Ryzen5以上(最近のものほどよい)
メモリ8GB必須16GB以上あると心強い
グラボ余裕があれば(3D系を使うなら高性能なものを)

イラスト向けのモニターを選ぶ際はこちらの記事を参考にしてみてください。

クリスタ推奨スペック以上のおすすめパソコン

クリスタの推奨スペックをクリアしているパソコンを紹介しておきます。

ここで紹介しているマウスコンピュータのパソコンは、無駄なソフトや人件費を削減している分、高性能なクリエイター向けパソコンがお得に購入できるのが魅力です。

パーツのカスタマイズも可能なので、より自分の求める性能に近いパソコンを手に入れることができます。

ここで紹介するものはほんの一部なので、より高性能なパソコンが見たい人は公式サイトを訪ねてみてはいかがでしょうか。

>>マウスコンピュータ公式サイト

mouse X4-R5(ノートPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-x4-r5/
OS Windows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 4600H プロセッサー
メモリ 8GB (8GB×1)
グラボAMD Radeon™ グラフィックス
ストレージ SSD 256GB
値段税込87,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る

MousePro-S220S(デスクトップPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmousepro-s220s/
OS Windows 10 Pro 64ビット
CPUインテル® Core™ i5-10400 プロセッサー
メモリ 8GB (8GB×1)
グラボインテル® UHD グラフィックス 630
ストレージ SSD 256GB (SATA)
値段税込87,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る

DAIV 5P(ノートPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-5p/
OS Windows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10750H プロセッサー
メモリ 16GB (16GB×1)
グラボGeForce® GTX 1650 Ti / インテル® UHD グラフィックス
ストレージ SSD 512GB (NVMe対応)
値段税込153,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る

DAIV Z5-CM(デスクトップPC)

https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-z5-cm/
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-10700 プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
グラボ GeForce® GTX 1650 (GDDR6版)
ストレージ SSD 256GB (NVMe) + HDD 1TB
値段税込153,780円~

※表のが付いたパーツはカスタマイズ可能

>>詳細を公式サイトで見る