クリスタとフォトショの違いは? 5つの比較から特徴を解説!

クリスタの購入前知識
この記事は約16分で読めます。

有料の高機能なイラストソフトが欲しいけど、クリスタとフォトショどっちがいいんだろう?

無料のイラストソフトで描いてきた人が有料のソフトに移行したくなった時に、よく候補に上がるであろう両ソフト。

せっかくお金を払うのだからイラストソフト選びで失敗したくないですよね。

クリスタとフォトショはそれぞれに違った良さがあり、人によってどちらがオススメなのか変わってくるので判断が難しいところです。

そこで今回は少しでもイラストソフト選びの参考になればと思い、「用途」「値段」「機能」「要求スペック」「情報量」の5つの視点から両ソフトを徹底比較してみました。

比較に基づいてそれぞれのイラストソフトがどんな人に向いているのかも解説していますので、迷われている方はぜひ本記事をお役立てください。

どちらもPC版・アプリ版が存在しますが、本記事では話がややこしくならないようPC版(Windows・macOS)を前提に解説を進めます。

広告

クリスタ・フォトショ比較① 用途

クリスタ・フォトショ比較① 用途

クリスタはイラスト制作に特化したソフトで、他にもマンガ・アニメといった創作も可能です。

また、デザイン系の作業も簡単なものなら十分にこなせます。

ユーザー層が初心者からプロまでと幅広く、技術レベルを問わず長く使い続けられるだけの機能・性能を備えている点が魅力です。

イラスト制作のためのソフトなだけあって、作風によって得意不得意がなくオールラウンドに活躍できます。

ちなみにクリスタにはPROとEX2つのグレードが存在し、EX版になると本格的なマンガ・アニメ制作も可能です。

Photoshop(以下、フォトショ)は画像編集・加工を得意とするソフトで、イラスト制作、デザインなど幅広い用途に用いられています。

デザイン系を中心に様々な業界で採用されており、ゲームのUIやバナー広告の作成などでも重宝されているツールです。

クリスタと異なるのは、フォトショがあくまでも画像編集・加工を主軸に据えたソフトであって、お絵かきはそのついでにできるよっていう立ち位置である点でしょうか。

そのためフォトショでイラスト制作をする際は、設定やレイアウトを調整しないと使いづらいと感じるかもしれません。

ロメ
ロメ

ただ、画像編集・加工特化ならではの強力な機能が使えるのもあってか、フォトショで背景を描くという人は多く見かけます

まとめると、イラスト制作に最適化されている点やマンガ関連のツールが充実している点から、イラスト制作を1番の目的にしているならクリスタがオススメです。

一方で、背景を描きたい人や、グラフィックデザイン、写真の加工も本格的にやりたいのであれば、フォトショを選んだ方が満足できると思います。

△ 目次へ戻る

クリスタ・フォトショ比較② 値段

クリスタ・フォトショ比較② 値段

クリスタ・フォトショの値段をまとめた表がこちらになります。

クリスタPROクリスタEXPhotoshop
月額利用月額240円(税込)~月額650円(税込)~月額1,078円(税込)~
買い切り5,000円 (税込) ~23,000円 (税込) ~

クリスタは買い切りと月額利用両方があり、どちらを選んでもフォトショより安価に使えます。

PRO版とEX版ではやはり値段も異なり、PRO版はかなりお手頃な価格で購入が可能です。

最安5000円なので、学生でも十分手の届く価格帯ではないでしょうか。

ちなみに一番安く買えるのは公式サイト限定のダウンロード版で、Amazonや楽天市場などで販売されているパッケージ版よりも2~3000円ほど安く買えます。

また、将来的にEXにしたい場合も差額でアップグレードできるので、迷った際はとりあえずPROを選んでおけば安心です。

一方でフォトショの値段ですが、こちらは買い切りがなく月額利用のみとなっています。

一応Photoshop  Elementsという買い切りが存在しますが、簡潔に説明すると機能が少なくなったフォトショなので別物と考えたほうがいいです。

フォトショだけ使いたいなら、Adobe公式サイトの「Creative Cloud フォトプラン」が最安になります。

ただしIllustratorなどのAdobeソフトも一緒に使うのであれば、AmazonでAdobeCCコンプリートプランのオンラインコード版をセール価格で購入した方がAmazonポイントも付いてオススメです。

セール時は35%オフになることもあるので見逃さないようにしましょう。

△ 目次へ戻る

クリスタ・フォトショ比較③ 機能

クリスタ・フォトショ比較③ 機能

前述の通り、クリスタはイラスト制作に特化したソフトです。

お手頃なPRO版でもイラスト・マンガ制作に必要なブラシ・ツールがひと通り揃っています。

Adobe製品のIllustratorには及びませんがベクター描画もあり、線画だけベクターで制作するのもクリスタ1つで可能です。

さらにタイムラプスが記録できるのでメイキング動画を作るのも簡単。

また、3Dデッサン人形や、豊富に用意された素材が初心者のイラスト制作を強力にサポートしてくれます。

仕事の面でもpsd形式で書き出し可能なので、納品がpsd形式で指定されていても対応できるので安心です。

ロメ
ロメ

ちなみにクリスタは2020年末のアップデートでフォトショのブラシを読み込めるようになったため、使えるブラシ素材のバリエーションが爆発的に増加しました

ここまではPRO/EX共通の機能で、EX版はこれに加えて本格的なマンガ・アニメ制作が可能に。

複数ページの管理機能が強化されるため、同人誌などを作成する際に活躍します。

フォトショは元々写真などの編集・加工に特化していることから、範囲選択や色調補正などの機能がクリスタよりも優秀で、独自のツールを多く備えているのが特徴です。

画像編集・加工を得意としているだけあって、様々な種類のフィルタを選択できるのもフォトショならでは。

豊富な素材があるのはフォトショでも同様で、世界中のユーザーが作成したものをダウンロードして使用できます。

また、Adobe製品との連携が強力でデータを容易に受け渡せるため、お絵かき以外のクリエイティブな用途でもスムーズな作業が可能です。

しかし、フォトショは元々イラスト制作がメインではないので、初期設定のままだとお絵かきに使いづらいのが難点です。

△ 目次へ戻る

クリスタ・フォトショ比較④ 要求スペック

クリスタ・フォトショ比較④ 要求スペック

そもそもの話、ソフトを購入しても自分のPCで動かなかったら元も子もありません。

クリスタとフォトショ、それぞれの公式ページからPCのスペックに大きく影響する部分を抜粋し表にまとめてみました。

クリスタフォトショ
プロセッサー(CPU)SSE2に対応したIntel、AMD製CPUSSE 4.2 以降の 2 GHz 以上のCPU
64 bit対応のIntel、AMD製CPU
メモリ(RAM)2GB8 GB
グラフィックカード(GPU)OpenGL 2.1に対応したGPUDirectX 12に対応したGPU
GPUメモリ(VRAM) 2 GB
表のスペックは最小要件、Windows版の場合です(参照元1)(参照元2

知らない単語がたくさん出てきて分からないという方もいらっしゃると思いますが、ここではフォトショの方が厳しい条件を要求されていることが分かれば十分です。

参考までに僕が実際に使ってみた時の使用感を話すと、クリスタは中古2~3万円(2021年現在)レベルのノートPCでも、作品を完成させられる程度には動きました。

ただ終盤にブラウザを開きながら作業をしていると、やはり動作が重かったですね。

よほど安価なPCや古いPCでもない限りは、メモリの容量さえ確保できていれば十分に使えるため、要求スペックは比較的低めと言えます。

一方でフォトショに関してはこのスペックのノートPCで使うべきじゃありませんでした。

ストレージがHDDなせいでクリスタも起動が遅かったのですが、フォトショはそれ以上に遅く、起動を終えてもちょっと重い処理をさせただけで落ちてしまったりと、とてもじゃないが使おうとは思えなかったです。

フォトショをメインで使うなら、ストレージがSSDでメモリを16GB搭載した、エントリークラスのゲーミングPCレベルは欲しいところです。

公式ページにも記載があるように、フォトショは一部の機能でGPUを使うことがあるため、内蔵グラフィックで画面を出力しているようなPCだとおすすめできません。

グラフィックカード
GPUを搭載しているグラフィックカード(GPU)。ノートPCなら「GEFORCE」などのシールが目印になる。

△ 目次へ戻る

クリスタ・フォトショ比較⑤ 情報量

クリスタ・フォトショ比較⑤ 情報量

クリスタはユーザー数が非常に多いおかげで、本でもネットでもクリスタを使ったイラスト・マンガ制作のノウハウを学びやすい環境が整っています。

フォトショもやはり有名なソフトなだけあって、使い方などの情報はかなり充実しています。

しかし、イラスト制作に関する情報となると多いとは言えず、欲しい情報に中々アクセスできないことも。

参考書や講座では背景の描き方を解説しているものが多く、フォトショを使ったキャラ絵を学びたい人は苦労することになりそうです。

クリスタの参考書の検索結果
楽天市場でクリスタの参考書を検索した結果。すぐにイラスト制作関連の書籍が見つかる
クリスタの参考書の検索結果
楽天市場でフォトショの参考書を検索した結果。レタッチやデザイン、使い方などの書籍が充実している

△ 目次へ戻る

まとめ: クリスタ・フォトショはこんな人におすすめ!

ここまでの比較を表にまとめてみました。

クリスタフォトショ
用途イラスト・マンガ・アニメ画像編集・イラスト・デザイン
値段月額240円~買い切り5,000円~月額1,078円~買い切りなし
機能マンガ用ツール3Dデッサン人形タイムラプス機能(EX)複数ページ管理機能(EX)本格アニメ制作機能 など豊富な加工機能(フィルタ・色の置き換えなど)ツールが高性能(細かな調整・精度)Adobe製品との連携 など
要求スペック低め高め
情報量幅広く充実背景の描き方が多い
イラスト制作以外の本が充実

クリスタがおすすめなのは、

  • キャラ絵を描きたい
  • マンガを描きたい
  • 初心者にやさしいソフトがいい

という人です。

値段も安く、買い切りなら一度購入するだけで使い続けられるため、学生など予算に限りがある人でも無理なく購入できるかと思います。

一方でフォトショがおすすめなのは、

  • 背景を描くのが好き・メインで描きたい
  • デザイン系の仕事を考えている
  • 写真を本格的に加工できる環境も欲しい

という人です。

デザイナーを目指しているならにはIllustratorとPhotoshopの2つが必須という話はよく聞くので、AdobeCCのコンプリートプランも検討したいところ。

フォトショだけを使うにしてもサブスクリプションなので、定期的に支払い続ける必要がある点は注意しましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT EX

Adobe Creative Croud

△ 目次へ戻る

余談: クリスタとフォトショは併用もアリ

それぞれの特徴を生かした二刀流のスタイルで制作している人も少なくありません。

線画や塗りはクリスタで行い、仕上げ・加工はフォトショを使用するといった具合に、それぞれの得意分野で使い分けています。

併用するとなるとクリスタとフォトショ間でデータを移行する必要がありますが、クリスタならフォトショ標準のpsd形式で書き出せるため、意外と簡単です。

もし併用してみたい方は、クリスタ・フォトショ・モニターのカラー設定を統一するのも忘れないようにしましょう。

現在片方しか持っていない人でも、もし両方使える環境が手に入った時はぜひ試してみてくださいね。