板タブ・液タブ

XP-Pen Deco LWを実機レビュー! X3スマートチップ初搭載のワイヤレスペンタブ

4.0
※当ブログではWeb広告を導入しています

こんにちは、絵描きの京時ロメ(@kyotoki_OX)です。

本記事では、XP-Pen様からご提供いただいたペンタブ「Deco LW」をレビューしていきます。

Deco LWはペンにX3スマートチップというXP-Pen独自の機構を採用しており、さらにワイヤレスにも対応した板タブです。

今回のレビューでは、

  • X3スマートチップ搭載機は使い心地が本当に良いのか
  • ワイヤレス接続はちゃんと実用的なのか

といった点に注目しながら1ヶ月ほど使った感想をお話しします。

本記事はXP-Pen様より製品の提供を受けて作成しています。

良かった点
  • 色んなデバイスで使える汎用性
  • ワイヤレスの遅延は体感分からないレベル
  • 電源オンからの接続が早め(ワイヤレス)
  • 傾き検知がちゃんと機能する
イマイチな点
  • ペン立て・ケースが付属していない
  • Androidデバイスではアダプタが必須
  • スマホで使うにはデカすぎる
広告

外観・内容物

まずは中身の様子を写真で紹介していきます。

箱を開けると早速袋に包まれたペンタブが姿を見せます。

上に乗っている紙にはサポートの受付時間やお問合せ先が記載されていました。

ペンタブを取り出すとペンや書類などが出てきました。

他に入っていたのは、microUSB・USB Type-Cへの各変換アダプタ、Bluetoothレシーバー、USBケーブル、芯抜き、そして替え芯が…11本。

公式HPでは替え芯10本と記載されていたので「あれ?」と思い何度も数え直しましたが11本入っていました。ちょっとだけラッキーです。

袋から取り出したペンタブがこちら。シンプルなデザインで個人的には好印象です。

サイズは13.3インチのノートパソコンとほぼ同じくらいでした。一緒に持ち運ぶなら相性ピッタリですね。

XP-Pen製のペンタブに付いてくる特典ソフトopenCanvasも入手しました。

クリスタを使っているのでメインにする予定はありませんが、何か特有の強みが見つかれば使い分けを考えています。

基本スペック

Deco LWの基本スペックを表にまとめました。

サイズ315 x 187 x 8.8 mm
作業領域254 x 152.4mm(10”x6”)
ブラック/ブルー/グリーン/ピンク
ショートカットキー8
ワイヤレス技術Bluetooth v5.0
バッテリー時間10時間以上
筆圧レベル8192
傾き検知60°
読み取り高さ10mm
対応OSWindows 7~, Mac OS X 10.10~
Android 6.0~, Chrome OS 88~
Linux,
iOS版ibisPaint/ibisPaintX ver.9.3.0
(iOS 12.0~ および iPadOS 13.1~対応)
通常価格11,980円

性能は現行製品での標準レベルといった感じで、欠点らしい欠点がありません。

強いて不満点をあげるならバッテリー時間をもう少し長くしてほしかったくらいでしょうか。

現行の板タブのほとんどは、このくらいの性能で足並みが揃っている印象です。

高価な板タブも性能面での違いは小さく、指でのタッチに対応したり高性能なペンを採用したりといったところで差別化しているように思います。

▶Bluetooth v5.0

Bluetooth

Deco LWで個人的に期待しているのはBluetoothのバージョンが5.0である点です。

5.0以前と比べてデータ転送速度・距離・通信量が向上しており、遅延の減少や接続の安定性が期待できます。

使っているPCやスマホがBluetooth v5.0より古くても付属のレシーバーで対応できるので安心です。

▶対応デバイスが多い

デバイスのイメージ画像

PC・Android対応は今となっては当たり前みたいになっていますが、Deco LWはさらにibisPaint限定ながらiPhoneやiPadでも使えるようになっています

板タブなので薄くて軽く持ち運びが簡単、ワイヤレスにも対応、その上これだけ多くのデバイスに対応しているとなると、文字通りどんな使用スタイルでも柔軟に使っていけるでしょう。

コスパが優秀

最後に値段が11,980円であることについてですが、ワイヤレス対応でこのサイズの板タブならちょうど良い塩梅だと思います。

参考までに2018年から販売しているWacomのワイヤレスペンタブを例に挙げますが、この製品の値段は2万円。

対してDeco LWは不足ない性能でありながらこの半額で提供しているわけですから、コスパの良さは言うまでもありません。

またXP-Pen製品はセールの開催も多めなので、より安い価格で購入することも簡単です。

X3スマートチップとは

ペンがX3スマートチップ搭載の新設計になったことで次のような改善がされました。

  • 3g以下の小さな筆圧も検知できるように
  • ペン先の沈み込みが従来の半分(0.6mm)に
  • 消耗品であるスプリング機構が廃止されペンの耐久性が2倍
  • 信号処理の方法がアナログからデジタルになり安定性が向上

ここでは簡単な説明に留めましたが、詳しく知りたい方は公式のページを読んでいただければと思います。

>>X3スマートチップの詳細ページ

描き心地のレビュー

▶ペン

ペンはシンプルな作りで値段相応といった感じですね。

ある程度高価なペンタブのペンならグリップが付いていますが、このペンには付いていませんでした。

とはいえ特に使いづらいということもなく、すんなりと受け入れることができました。

太さに関しては比較的スリムな方で、手の小さい人でも持ちやすいかと思います。

▶ペンタブ表面の質感

スマホの画面のようなツルツルではなく、かといってペーパーライクフィルムほどのザラつきはありません。

今までWacomのCintiq 16やHuionのKamvas 16(2021)といった液タブを使ってきましたが、それらの画面と比べるとほんのわずかに摩擦が強く、個人的にはこのくらいがちょうど良いと感じました。

▶ペン先の沈み込み

指で触れてみるとチャキチャキと音がするものの、確かに沈み込みが少なく0.6mmというのは納得がいきました。

正直ペン先の安定性はKamvas 16(2021)の方が優秀だと思いましたが、これはこれで使っていて何の支障もなかったので不満はありません。

▶応答速度

一応ワイヤレス接続で試し描きした時の様子を動画で撮ってみましたが、皆さんはどう感じましたでしょうか。

手ブレ補正0にしたペンツールで文字を書き、透明部分を保護→虹色のグラデーションという操作を行っています。

実際に描いた身としては、板タブと画面で離れているのもあってか遅延は体感できませんでした。

ワイヤレス接続でこれだけ反応が早いなら十分ではないでしょうか。

▶傾き検知

こちらはクリスタの鉛筆ツール(ブラシサイズ15.0)で線を引いた動画です。

このように傾き検知に対応したツールはペンを立てるのと傾けるのとで違う表現ができるのですが、ペンタブによっては思うようにできないものもあります。

Deco LWのペンはX3スマートチップ搭載したことが功を奏しているのか、かなり使い分けやすかったです。

アナログに近い自然な表現をしたい時でも不便を感じることはないでしょう。

気になった点

全体的に好感触でしたが、不満点がなかったわけではありません。

まず気になったのは、ペンケース・ペン立てが付属していない点です。

他の製品だと何かしら収納グッズが付属しているものですが、本製品には付いておらず、残念でした。

本体にホルダーや収納スペースがあるわけでもないため、特に持ち運ぶ際には別途ペンケースなどを用意しておきたいです。

もう一つの不満点は、Androidデバイスとの接続にレシーバーまたはUSBケーブルが必須である点です。

例えばワイヤレスで接続する場合、変換アダプタとレシーバーを挿さないと使用できません。

これでは不格好な上、持ち運ぶにも荷物が増えますし、使えるスマホスタンドも限られてしまいます。

今後改良型を出される際には、Androidデバイスでも内蔵のBluetoothで接続できるようになってほしいですね。

この流れでスマホ接続での使用感も話しますが、このサイズだと正直大きすぎると感じました。作業領域の面でも取り回しの面でも釣り合っていません。

スマホで使うならこれより小さいサイズを選んだ方が良いと思います。

ワイヤレスを使った感想

PC内蔵のBluetooth(v5.0)でも付属のレシーバーでも遅延が分からないレベルで、通信も安定していました。

そして実際に使ってみて感じたのは、

「ケーブルから解放されるだけでもこんなに快適になるんだな」

ということです。

机まわりの景観を損なわないのが良いですし、何よりケーブルをつなぐひと手間がなくなるというのが大きなメリットでした。

京時
京時

スイッチをオフにしたらそのままポンッと収納できてかなり快適です!

また、電源を入れてからの接続が比較的スムーズな点も高く評価しています。

もちろん人によっては充電まわりが面倒だったり、無線が安定しない環境だったりすると思うので、その場合は無理せず有線にするのが無難です。

一応有線のみのモデル(Deco L)が存在しますが、Deco LWは両方に対応できますので、予算の問題がない限りはこちらをおすすめします。

※iPhone/iPadで使いたい方もワイヤレスモデル(LW)一択です。有線モデル(L)では対応していないので注意してください。

動作が不安定だと感じたら

通信が安定しない時は板タブより先にPC側に問題がないか確かめましょう。
実はレビューを始めたばかりの頃PC内蔵Bluetoothでのワイヤレス接続が安定しなくて困っていたのですが、それも結局PC側の問題でした。

動作不安定の原因
アンテナを外していたのが原因だったという…

ちなみに接続先のBluetoothがv5.0より古い場合は、付属のレシーバーを使わないと本来の力を発揮できないので注意しましょう。

Deco LWのレビューまとめ

以上、XP-Pen Deco LWのレビューでした。

気に入った点・気になった点をまとめるとこのようになります。

良かった点
  • 色んなデバイスで使える汎用性
  • ワイヤレスの遅延は体感分からないレベル
  • 電源オンからの接続が早め(ワイヤレス)
  • 傾き検知がちゃんと機能する
イマイチな点
  • ペン立て・ケースが付属していない
  • Androidデバイスではアダプタが必須
  • スマホで使うにはデカすぎる

1万円ちょっとの価格で、現行のスタンダードとも言える性能と実用性のあるワイヤレスを両立しており、それでいてサイズも十分です。

さらにX3スマートチップを搭載したペンは安定性・反応性に優れていますし、傾き検知を生かしたストロークも思いのままに表現できます。

全体を通して大きな欠点やクセがなく、初心者から経験者まで幅広く受け入れられそうな製品だと感じました。

ワイヤレスペンタブに興味がある方は、最初の1台として本製品を検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました