板タブと比較!ガチ初心者が液タブを買ってみた感想

液タブと板タブペンタブ・PC
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、京時ロメです。

タイトルの通り、イラスト描くようになって1年も経っていない初心者が液タブを買っちゃいました。ずっと欲しかったペンタブがAmazonのサイバーマンデーでガッツリ安くなってたので即決。

Cintiq16でございます。
Wacomの液タブとしては安い方(とはいえ6~7万しますが)で、エントリーモデルとして初心者~中級者の方向けの商品ですね。

購入してから2週間使ってみた程度ですが、現時点で実感している板タブと液タブの違いについてお話していきましょうか。
初心者絵描きの方はペンタブを買う時に板タブと液タブで迷うことがあるかと思いますので、その際に参考にして頂ければ。

広告

板タブと液タブ、どっちがいいか?

気になる方もいらっしゃると思うので、先に結論を伝えます。

これから絵を始めてみたい!という入門者の方。

予算がない、イラストを本気でやるつもりがないという人は、1万円弱で板タブを買うのをおすすめします。
なんならもっと安いものもありますし、1万あれば十分な性能のペンタブを入手できます。
デジタルイラストに興味が出た!描いてみたい!でいきなり数万円の買い物をするのは流石にリスクが高いでしょう。

僕も板タブを買ったはいいけど、今年に入るまではブラウザゲーするのに使うことがほとんどでしたし…

どうしても液タブで始めたい場合は1万円に+2万円ほど予算を追加すれば買えるものはあるので、 そちらを検討してみては。

それ以外の、絵をもう本格的に描いている方々。

使えるお金に余裕があれば買ってみましょう
液タブに変えたら劇的に画力が上がった!なんてマジックはありませんが、板タブよりも直感的に描けるのがやっぱりデカいです。
板タブを何か月か使ってみて、それでも使いにくさを感じている人は液タブへの乗り換えを考えてもいいでしょう。

使っていた板タブのご紹介

  • 製品名: Intuos Pen Sサイズ 2015年1月モデル CTL-480/S1
  • 当時の値段: 7500円ぐらい
  • 買い替えた理由:
    • サイズに窮屈さを感じていて、大きい板タブ買うぐらいなら液タブ買うか、ってなった
    • 絵描きを目指す自分の逃げ場を塞ぐため

液タブと板タブの基本的な違い

板タブのメリット・デメリット

メリット

  • 液タブよりも値段が安い
  • 手で隠れないので画面が見やすい
  • 持ち運びしやすい
  • カッターマット等を貼って描き心地をカスタマイズできる

デメリット

  • 慣れるのに時間が掛かる・慣れない人はずっと慣れない

板タブは、画面とペンを走らせる場所が離れていることに対応できるかどうかですね。
ぶっちゃけそれさえクリアすれば不自由はしないです。

液タブのメリット・デメリット

メリット

  • ディスプレイ代わりになる
  • 直感的に線を引ける→作業効率UP
  • コンパクトなものなら姿勢の自由度が増す
  • 板タブとして使用することも可能

デメリット

  • 場所を取る
  • 自分の手が死角になって見えない範囲がある
  • 板タブよりも高価
  • 持ち運び困難
  • 板タブより姿勢が悪くなりやすい
  • 視差がある

デメリットの数だけ見ると板タブの方が優秀なように見えますが、「直感的に描ける」メリットが大きいのでその為に板タブではなく液タブを選ぶのです。

実際に使ってみて感じた違い

ここからは僕が使ってみての感想を書きます。

結論、買ってよかった
想像以上に画面に直接描けるメリットが大きくて純粋にイラストを描くのが楽しくなりました

視差に関しても気にする程でもなく、元々手ブレ補正をかけていたのもあって何も問題なし。
ディスプレイが増えたという点もやはり嬉しいメリットでしたね。

それ以外にも良いと感じた点がありまして、イラストを描くとき以外ですが、アイデアを整理したい時などに本物のホワイトボードのような使い方ができるというのが思わぬ収穫でした。

普通のノートPCなのでWindows10のWhiteboardを使用する場面は全くなかった私でしたが、液タブの購入によって一気に使う機会が増加。
また、家にあったPCスタンドを使うことで自由に画面の角度を調整できるようになって姿勢が楽になったのも良かったな~と。

前述したように液タブには持ち運びが困難だったり場所を取るというデメリットを紹介しましたが、そもそも僕は持ち運びするつもりがないし、事前にサイズを調べて問題なく置けるか確認していたのでそれらの問題点はクリアできました。

手で隠れて死角になるというのも気にならないレベルで不便だとは思いません。

まとめ

結局この記事全体を通して言いたいのは、板タブでも全然イケるけど液タブやっぱすげよって話です。
ある程度予算を確保出来たら思い切って買っちゃっていいです。
ただ、買うときは置くスペースを確保できるかしっかり調べておきましょう。

では、このあたりで。

Cintiq16を使ってみた感想や、他製品との比較についてはこちらの記事をどうぞ。

Wacom Cintiq 16をレビュー Wacom Oneとどっちがおすすめ?